蓄電池の需要について

うちにはありませんがほしいと思いますし、全家庭に普及してほしいと思っています。福島のことがあり危険なこともあるのにどうしてもなくすことが難しいのでこの最近はガスなどでも電気をつくることもでき、ソーラーで天気のいい時にたくさんつくってためておける蓄電池は効率もよく地球のためにも経済的にもいいので各家庭に当たり前にあるようにして危険なものに頼らなくても各家庭で自分の使う電気は自分でつくる夜のためにためておく、たりない方のために電力会社にうるといういいシステムが理想なのではないでしょうか。なんでも人に頼るのではなく安全に自然の力でやっていけることが子供たちやこれからの目指していくことだと思います。今の電力の作り方では燃料もいつまでもあるわけではないので電気がなくては生活できなくなった今考えていこうと思います。


蓄電池によって異なる蓄積量

蓄電池には、色々なタイプがあります。その違いの1つは、蓄積できる電力の量です。15キロワットの蓄積ができる電池の方が、もちろん7キロワットの電池よりも蓄積量が多いという事になります。ところで現在色々なメーカーから販売されているその電池の蓄積量は、大体は2キロワットもしくは3キロワットです。全ての電池の中で、大体4割近くはそれ位の蓄積量という状況です。10キロワットの蓄積量を超えるような電池の場合は、かなり蓄積量が多い方だと思います。そしてもちろん蓄積量は、価格とも大きな関係があります。15キロワットの電池が20万円だとしたら、7キロワットの電池の場合は8万円などの具合です。ですので蓄電池を購入する際には、具体的に「どれ位の電力を蓄電できれば良いのか」をある程度明確にしておいた方が良いと思います。


蓄電池とはどのようなものか。

蓄電池というのは、電気エネルギーを化学エネルギーとして蓄え、使用するときに電気エネルギーにまた戻して使える電気のことです。充電することで繰り返し使用することができ便利なものです。またバッテリーとも呼ばれます。度のとうな物に使われているのでしょうか。私たちの身の回りの物で言うと携帯電話や電気自動車のバッテリーに使われています。停電の緊急事態に備え、家庭や学校、また職場で電気を蓄えようという動きもあります。蓄電池は高いイメージで手を出しにくいですが、補助金という制度があります。HEMSというシステムに登録してもらうと、経済産業省のほうから補助金がもらえます。HEMSというのは、ホームエネルギーマネジメントシステムの略称で、家庭でのエネルギー管理を応援するシステムということです。ぜひ補助金を利用して、蓄電池を使いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*